中古車売却の際に必要な書類

書類と人のイメージ

査定の時に必要な書類

査定を受けるだけであれば、「車検証」、「自賠責保険証明書」の2つだけで大丈夫です。この2つは法律で車に常備することが決められているため、特に問題ないでしょう。これなら気軽に査定に出せますね。

愛車を売却する際に必要な書類

愛車の売却が成立した場合に必要になる書類は、売却する店舗の方から説明があるため、必ずしも覚えておく必要は無いかもしれません。しかし、事前に知っておければ安心だと思います。一般的に必要になる書類は、下記の通りとなります。

取引のイメージ

普通自動車売却の際に必要な書類

自動車検査証

いわゆる車検証です。常時社内に保管しておくことが法律で義務付けられているため、所有者の氏名や住所等が変更されていないか確認しながら保管しておきましょう。もし紛失してしまった場合は、管轄になっている運輸支局に向かい、再発行してもらって下さい。

自動車損害賠償責任保険証明書

いわゆる自賠責保険証です。民間などが行っている任意保険とは異なり、全員に加入が法律で義務付けられています。この自賠責保険証がなかったり、または期限が切れている場合は、車を売却することができません。もし紛失してしまった場合は、加入している保険会社に再発行をしてもらいましょう。

自動車納税証明書

自動車納税証明書は、車検を受けるときに必要になる書類です。愛車を売却する際に必ず買取店に引き渡す必要があります。もし紛失してしまった場合は、都道府県の税務事務所で、軽自動車の倍は市役所か区役所で再発行してください。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は、捺印した印鑑が市区町村に登録された実印であることを証明する書類」となります。発行日から三ヶ月以内のものが必要なため、新しく発行してもらうことが多いでしょう。

実印

売却の際に委任状や譲渡証明書が必要になるため、その際に実印が必要です。市区町村に登録してある実印を使用しましょう。

リサイクル券

自動車リサイクル法により、リサイクル料金が支払われていることを証明するための書類となります。もし紛失してしまった場合には、自動車リサイクルシステムウェブサイトから、自動車リサイクル料金の預託状況を印刷するとリサイクル券の代わりになるので覚えておきましょう。

住民票

必ずしも必要ではありません。車検証に記載された住所と、印鑑証明書に記載された住所が違っている場合に必要です。必要になるケースとしては、引っ越しした時に車検証の住所変更をしていない場合などです。

その他の書類

車検書の所有者と実際の車の仕様者が異なる場合、法人の場合など、必要書類がさらに増えることがありますので、買取店に確認して下さい。

軽自動車売却の際に必要となる書類

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑(認め印でもOK)
  • リサイクル券

以上となります。普通自動車よりも用意する書類が少ないですね。

軽自動車のイメージ