車の査定価格を上げるノウハウ

お金のイメージ

1.車はキレイにしておく

中古車の査定には車の年式、走行距離、人気のカラーなど、様々なチェック項目がありますが、その車の内外装も重要な基準になります。

査定時に車を洗車しておく、内装・トランクを掃除機でキレイにしておくなど、小さな工夫でも査定金額は変わってきます。

自動車整備のイメージ

2.売るなら早めが吉

中古車市場は日々価格が変動します。車種にもシーズンがあり、2,3週間でも何十万という価格差が生まれることもあります。

また、夏や冬といったボーナスシーズンには車の需要が高まるので、売却には絶好の機会になります。中古車は少しでも新しい方が高く売れるのは基本なので、車の買い替えを考えているなら早めに計画を建てましょう。

古い車のイメージ

3.付属品は無くさないように!

新しく車を購入する時には、付属品類を無くさないように大切に保管しましょう。

その中でも”取扱説明書”、”整備手帳(保証書)”などは車を査定する時に必要になってきます。これらの付属品の有る無しでも査定の際、大きく評価が変わってきます。

社外の部品に交換した場合でも純正部品はしっかり保管しておきましょう。

付属品のイメージ

4.修理はできるだけ自分で

いくら大切にしていても、どうしても傷が付いてしまうというのが車というもの。走行中に小石で傷ができたり、洗車する際に細かい傷ができたり…。

しかしそれくらいの軽い傷であれば自分で修復することも可能です。ちょっとした手間をかけるだけでも査定のポイントが高くなります。